葱山ねぎ夫のネギブログ

家庭菜園でねぎを育てています。 ねぎ以外もあります。

節電のこと

予約投稿です。
ちょっと気になったので、家にある色々な電化製品の
消費電力を見てみた。(単位はW)
エアコン・・・1750
ホットプレート・・・1500
電子レンジ・・・500/200
パン焼き機・・・420
蛍光灯・・・30+28
扇風機・・・35

なんでこんな事したかというと、節電するのにたいして
電気使わないものを我慢して自己満足したくないなぁと
思ったのですが、いやー、エアコンすごいですね。
エアコンの使用を控えれば、あとの機器は多少無駄遣い
しても良いのではないかと思えます。
電子レンジとかは消費電力高くても、使用時間が短いですからね。

あと、ホットプレートも自粛だな。

平均的な家庭が消費する電力の機器別内訳とか分かれば
ピンポイントで節電できて楽だと思うんですけどねー。

スポンサーサイト

両生類って

水曜の予約投稿です。

両生類っているじゃないですか。ほとんどがカエルなんですけど。
あれって、コドモはエラ呼吸でオトナは肺呼吸なんですよね。
って事はですよ、何事もなく水中で暮らしていたおたまじゃくし君が
ある日突然に「う、く、苦しい!ぶはぁっ!」ってなるんですかね?
肺呼吸になった事に気付かずに溺れてしまう人もいるのかな?
どうなってるんだろう?

ロボットの国

僕たちが小さい頃は絵本に未来の世界というのが時々出てきた。


空飛ぶ車とか家事ロボットとか何でも料理が出てくるダイニングテーブルとか、

そういう夢のような世界。

 

自分にこどもが生まれて最近また絵本を見る機会が増えたけど、最近は

そういうお話はないようだ。

だいたい、車が空を飛ぶ必要はないし、万能汎用ロボを作るより、高性能専用機械を

何種類か作ったほうがいいだろう。料理はダイニングテーブルから出てこなくても

ケータリングを頼めばいいし・・・・

でもなんだかつまんないね。どうせお話ならもっととんでもない事を考えたほうが

おもしろそうだけど。

 

今日書きたかったのは実はそんなことではなくて、もし、人間の代わりにロボットが

働くようになったらどうなるんだろう?と、いうお話。

 

やっぱり昔の「未来はこうなる」的な本にロボットが働いて人間は遊んで暮らすという

ものがある(これは今でもあるね)。でも、これって世界は豊かになるのかね?

ロボットが仕事をすると雇用が減って失業率が増える。

失業率が増えるとお金を持っている人が減って物が売れなくなる・・・

そう考えると今の社会構造では豊かさ(生活の楽さ?)には限界がある気がする。

それが良いか悪いかは分からないけど。

 

それと、今の不況は似たような話かもしれない。生産能力はあるのに、買う人が

いないから作れない。無駄に機械を止めて掃除とかしたりしてる・・・

何でアメリカは米国か?

アメリカは漢字で「亜米利加」だよね、なんで「亜国」じゃないんだろ?

Wikで見ると「米利堅」(メリケン)の最初の一文字をとっているらしい。

なるほどね。

 

ちなみにアメリカという名はイタリア人の探検家アメリゴ・ヴェスプッチの

ラテン語名からドイツの地図製作者マルティーン・ヴァルトゼーミュラーが

命名したらしい。

なるほどね。

FC2Ad

まとめ